美白と弱酸性の関係性について

main-img

お肌には「弱酸性」という言葉をよく耳にしますが、弱酸性とはPHが4.5〜6くらいであり中性に近い酸性の範囲であり、元々肌はPH5.5くらいの数値といわれています。肌のPHにあわせてスキンケアをするということを示しています。

肌を保護するための皮脂が皮脂膜と呼ばれており、肌のうるおいを保ったり、肌をつるつるな滑らか肌にする働きがあるのですが、外部からの刺激などを守る働きもあります。


美白とは色素沈着が少なく、透明感があり、光の反射量が多い肌のことをいいます。



最近では美白成分が配合されているローションや美容液なども多く販売されており、その商品の多くは弱酸性ベースでできています。



美白成分や効果としてよく見られるものはハイドロキノン・ビタミンC・シムホワイト・プラセンタエキス・トラネキサム酸など様々あります。



ハイドロキノンはメラニンを薄くする効果が最も高いといわれています。ビタミンCはお肌に良いだけではなく、ビタミンCがメラニンの生成を抑制してくれるため、しみが徐々に薄くなるといわれています。



シムホワイトは肌を白くしたり、しみを薄くする効果があります。プラセンタエキスは肌の若返り成分といわれており、肌のターンオーバーを促進させて肌をいきいきとさせる成分です。



また美白効果も期待できます。


トラネキサム酸は肝斑に効果があり医療でよく利用されてきた成分といわれています。


これらのことから弱酸性で肌を守りながら、美白成分を配合している美容液などを利用することにより肌が白く、美しくなってゆくので、どのような成分が配合されているかによりそれぞれ異なる効果を発揮してゆくのです。



関連リンク

subpage01

烏龍茶エキスには高い美白効果があります

烏龍茶エキスにはポリフェノールが含まれており、抗酸化作用および新陳代謝を活発にする働きがあるとされています。さらに、烏龍茶ポリフェノールは、紫外線を浴びることで生成されるメラニンを作るメラノサイトの活動を抑制する働きもあります。...

more
subpage02

美白と弱酸性の関係性について

お肌には「弱酸性」という言葉をよく耳にしますが、弱酸性とはPHが4.5〜6くらいであり中性に近い酸性の範囲であり、元々肌はPH5.5くらいの数値といわれています。肌のPHにあわせてスキンケアをするということを示しています。...

more