肌と同じ弱酸性の製品利用で美白効果が上昇します

main-img

お肌が弱酸性であることはいまはテレビなどでも取り上げられている通りに有名なことですが、実際のところこれらの弱酸性を保っている化粧品は多いものの低価格帯ではどうしてもアルカリ性に偏っているものが多めとなっています。



石鹸などの泡立てて利用するものはアルカリ性であることがあり、これらの製品を利用している過程では弱酸性の製品を利用したとしてもせいぜい化粧品としてであり、結局は肌へのダメージが増える結果となってしまいます。



美白のためには肌を守ることが大事で、これはただ化粧水や乳液など美容液を利用すればいいだけでなく、肌の脂を落として綺麗にするときに利用する洗顔から、肌に触れることのあるボディーソープ、そして確実に顔の肌に触れるシャンプーなどもすべて弱酸性にしておく必要があります。



弱酸性は赤ん坊の肌と同じと言われていますが、それは大人もまた変わりません。

理想となるのがその部分なので、もし美白を目指しているのであれば肌にダメージを与えることのない製品選びが不可欠なのです。



そのためには、まず自分にとって使いやすいと思えるタイプの製品選びから始めることが肝要です。



特に日常的に利用するとなれば低価格の島野をついつい選びがちですが、このときにただ安いからという理由だけで選ぶのではなく、肌に良い製品なのかどうかのチェックも必要不可欠ということになります。肌にとって良いものであれば肌荒れなども生じにくくなり、乾燥する冬場も美白用の美容液の効果も上昇するため安定して美白のための努力をすることができるようになります。



関連リンク

subpage01

美白目的のスキンケアは弱酸性が重要

肌を美白するためには、生活習慣の改善だけではなく、肌を白くするように作用してくれる化粧品の使用も大切です。美白成分にはアルブチンやコウジ酸、ビタミンC誘導体、ルシノール、トラネキサム酸など多くありますが、これらは厚生労働省が肌を白くする効果を認めていることが含まれているものを美白化粧品と呼びます。...

more
subpage02

肌と同じ弱酸性の製品利用で美白効果が上昇します

お肌が弱酸性であることはいまはテレビなどでも取り上げられている通りに有名なことですが、実際のところこれらの弱酸性を保っている化粧品は多いものの低価格帯ではどうしてもアルカリ性に偏っているものが多めとなっています。石鹸などの泡立てて利用するものはアルカリ性であることがあり、これらの製品を利用している過程では弱酸性の製品を利用したとしてもせいぜい化粧品としてであり、結局は肌へのダメージが増える結果となってしまいます。...

more