美白目的のスキンケアは弱酸性が重要

main-img

肌を美白するためには、生活習慣の改善だけではなく、肌を白くするように作用してくれる化粧品の使用も大切です。



美白成分にはアルブチンやコウジ酸、ビタミンC誘導体、ルシノール、トラネキサム酸など多くありますが、これらは厚生労働省が肌を白くする効果を認めていることが含まれているものを美白化粧品と呼びます。



シミやそばかす、くすみができる原因には、皮膚内でメラニンが多くつくられて蓄積してしまうことにあります。



そこで美白化粧品を使用すると、メラニンの生成を促進する酵素の働きを抑制してシミやそばかすなどがつくられにくくなります。
人間の表皮は中性ですが、表皮をウィルスやホコリなどの刺激物から守るために皮脂が分泌されます。



皮脂は弱酸性という若干酸性に近いものです。



肌に使用する化粧水などのスキンケアアイテムは弱酸性であると、肌に刺激を与えることがなく肌のバリア機能を高めることができます。

市販されている美白化粧品は、アルカリ性であるものも多いため、そのようなものをしようするとニキビや肌荒れなどの肌トラブルを引き起こしてしまいます。

化粧品を使用して肌トラブルが出た場合は、酸性のケアアイテムを使用してアルカリ性になっている肌を中性より酸性に近づけてあげることで解消することができます。
スキンケアアイテムは弱酸性が一番ですが、はじめて使用する化粧品は必ず使用前にパッチテストを行い、肌トラブルがないかを確認してから使用することも大切です。



関連リンク

subpage01

肌と同じ弱酸性の製品利用で美白効果が上昇します

お肌が弱酸性であることはいまはテレビなどでも取り上げられている通りに有名なことですが、実際のところこれらの弱酸性を保っている化粧品は多いものの低価格帯ではどうしてもアルカリ性に偏っているものが多めとなっています。石鹸などの泡立てて利用するものはアルカリ性であることがあり、これらの製品を利用している過程では弱酸性の製品を利用したとしてもせいぜい化粧品としてであり、結局は肌へのダメージが増える結果となってしまいます。...

more
subpage02

烏龍茶エキスには高い美白効果があります

烏龍茶エキスにはポリフェノールが含まれており、抗酸化作用および新陳代謝を活発にする働きがあるとされています。さらに、烏龍茶ポリフェノールは、紫外線を浴びることで生成されるメラニンを作るメラノサイトの活動を抑制する働きもあります。...

more